物流ニッポン > アールワンロジ創立20周年、出会い・つながりに感謝 新たな発展むけ全社一丸
物流企業
2019/04/05

アールワンロジ創立20周年、出会い・つながりに感謝 新たな発展むけ全社一丸

t.kokudo
物流ニッポン

 【神奈川】アールワンロジ(柴田直明社長、神奈川県小田原市)は3月20日、創立20周年記念式典を開いた。関係者が節目を祝うとともに、柴田社長が社員や取り引き先、協力会社に対して謝意を述べ、今後の発展に向け決意を新たにした。(吉田英行)
 柴田氏は「20年前に軽貨物運送事業者としてスタートしてから、素晴らしい出会いに恵まれた。そのつながりの中で、物流のほか、ドライバー募集サイト『ドライバーアイランド』の運営、きめ細かいサービスを提供する整備工場、特色ある中古車販売などの事業に発展した。当社とつながりのある全ての方々に感謝したい。これからもお客さまのためになる企業を目指し、全社員一丸となって頑張っていく」とあいさつ。
 鈴広蒲鉾本店(鈴木博晶社長、同)の鈴木悌介副社長は「式典の規模と出席者の多さに驚いている。アールワンロジが40年、50年と発展していくよう、これからも力添えをお願いしたい」と述べた。
 日本精麦(寒川町)の田中賢三社長の発声による乾杯に続き、柴田氏とアールワンロジ役員、関係者らが登壇して鏡開きを行い、地元のまるだい運輸倉庫(小田原市)の奥山恵子社長も加わった。
 また、柴田氏とインタビュアーによる一問一答形式の対談で、柴田氏はバスケットボールと共に過ごした学生時代、コンビニエンスストアや弁当店の経営者時代、宅配会社のトップセールスドライバーとして活躍した頃など、アールワンロジ創業前のエピソードを語った。
 更に、兄弟デュオ「狩人」も登場して、歌声を披露。会場を沸かせた。
【写真=柴田社長(左端)ら役員と関係者が壇上で鏡開き】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト