物流ニッポン > 石ト協、可動バンパー助成を新設 不正改造ダンプ撲滅へ 健康診断は倍額に
団 体
2019/03/29

石ト協、可動バンパー助成を新設 不正改造ダンプ撲滅へ 健康診断は倍額に

t.kokudo
物流ニッポン

 【石川】石川県トラック協会(久安常信会長)は13日、理事会を開き、2019年度事業計画及び予算を承認した。新規事業として、ダンプトラックに装着する可動式リアバンパー導入助成の実施を決定。ダンプトラックの作業効率と生産性の向上を図り、1事業所当たり5台まで、上限を6万円として装置取得価格の3分の1を助成する。(星野誠)
 久安会長が「今年度最後の理事会だが、働き方改革関連法が成立し、貨物自動車運送事業法が改正されるなど、労働環境整備と人材確保を目的に大きな改革が行われた1年だった。先日、周知のためセミナーを開催したが、今後も必要に応じて研修会などを開きたい」とあいさつ。
 可動式リアバンパー導入助成は、道路舗装工事などに携わるダンプトラックの作業効率化により生産性向上を図るとともに、リアバンパー未装着の不正改造車の排除に向けて実施する。助成は1事業所当たり5台まで、装置取得価格の3分の1(上限6万円)とし、予算は1千万円を計上した。
 健康診断受診助成では、予算を従来の2倍としてドライバー1人につき2千円を助成。対象となる診断は、労働安全衛生法に定める一般健康診断(雇用時、定期、深夜など特定業務従事者)とする。
 また、人材確保対策では、学生の職場体験を受け入れる会員事業者に対し、インターンシップ導入促進支援助成を継続。環境対策も引き続き天然ガス車、ハイブリッド車など環境対応車の導入費用の一部を助成する。更に、5月下旬に1泊2日の日程で、中部トラック総合研修センター(愛知県みよし市)で省エネ走行研修会を開催する。
 一方、創設準備が進められている「ホワイト経営認証」については、理事から「もっと情報が欲しい。簡単に取得できる認証にしてしまうと、以前から高いレベルで真面目に取り組んできた企業が損をする」との声が上がった。
【写真=19年度事業計画及び予算を承認】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト