物流ニッポン > ESR、埼玉・戸田にマルチ型 来年10月竣工 最大8社が入居可能 非常用自家発電機を設置
産 業
2019/03/29

ESR、埼玉・戸田にマルチ型 来年10月竣工 最大8社が入居可能 非常用自家発電機を設置

t.kokudo
物流ニッポン

 ESR(スチュアート・ギブソン社長、東京都港区)は22日、埼玉県戸田市でマルチテナント(複数企業入居)型物流施設「ESR戸田ディストリビューションセンター(DC)」を開発する、と発表した。延べ床面積8万6400平方メートルの4階建てで、最大8社が入居可能。8月に着工し、20年10月末に竣工させる予定だ。総投資額は350億円。(井内亨)
 首都高速道路・戸田南インターチェンジ(IC)から2キロ、東京外かく環状道路・戸田西ICからは4キロと、都心に30分以内でアクセスできる。敷地面積が4万700平方メートルで、177台分の乗用車用駐車場と24台分のトラック待機駐車場を設置する。
 1、2階にトラックバースを設置。2階にはスロープで直接接続でき、迅速な仕分けと発送が可能な運営を実現する。
 また、中央車路方式を採用しており、雨天や降雪時でも影響を受けにくい設計とした。
 外壁はサンドイッチパネルで断熱性を高めるほか、LED(発光ダイオード)照明や太陽光発電システムなどで環境負荷を低減。更に、BCP(事業継続計画)対策として、非常用自家発電機を設ける。
 同社では「施設で働く人が誇りを持って快適に過ごしてもらえる最新鋭の物流施設を計画している」としている。
【写真=24台分のトラック待機駐車場を設置(完成予想図)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト