物流ニッポン > スキャインター/カーテン式荷台、販売体制を強化 静岡・富士に営業所 今月から 月間5~10台架装可能
産 業
2019/02/15

スキャインター/カーテン式荷台、販売体制を強化 静岡・富士に営業所 今月から 月間5~10台架装可能

t.kokudo
物流ニッポン

 輸入商材を扱うスキャンインター(影山伸社長、川崎市宮前区)は2月から、カーテンスライダー式荷台の販売体制を強化している。静岡と新潟の協力工場で、月間5~10台を架装できる体制を整えるとともに、富士営業所(静岡県富士市)を開設。紙関係製品や原料を輸送するトラックの架装需要に対応していく。(吉田英行)
 カーテン式荷台はベルギー製。荷台の側面と天井がカーテンのように開閉する。既存のトラックシャシーに架装可能で、車体の軽量化と内寸拡大、荷役効率化を図れるため、欧州を中心に普及。スキャンインターは2018年から国内市場で販売を始めている。
 荷台側面のカーテンスライダーの上下にローラーがあるため、手動で簡単に開閉できる。車体の天井部分を開閉する仕様にすれば、ウィングを広げられない場所でも、天井から積み荷をクレーンで取り出せる。
 カーテンスライダーは耐久性に優れた生地を使っているため、貨物の衝撃にも耐えられる。専用のロック、積み荷落下防止の締め具といった安全器具も装備されている。
 架装を担当するのは、飛島車体工業(奥村勝美社長、静岡市清水区)と信濃車体製作所(福島吉隆社長、新潟市西区)。両社合わせて、月間5~10台の架装を行えるようにする。
 富士営業所は1月に開設し、2月から営業を本格的に開始。富士市内に工場を持つ製紙会社から「自社トラックにカーテン式荷台を架装したい」との引き合いがあったことから、同市周辺に集積する製紙会社や下請けの運送事業者にニーズがあるとみて、提案営業に力を入れる。
 影山社長は「平ボディー車でもカーテン式荷台を架装することで、シート掛けなどの作業負担が無くなる。人手不足が深刻な物流業界で、高齢者や女性の活用が進むきっかけにもなる」と話している。
【写真=手動で簡単に開閉可能】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト