物流ニッポン > 札ト協&北済協、凍結路面の運転学ぶ 制動距離を体感
団 体
2019/02/04

札ト協&北済協、凍結路面の運転学ぶ 制動距離を体感

t.kokudo
物流ニッポン

 【北海道】札幌地区トラック協会(工藤修二会長)と北海道トラック交通共済協同組合(大友龍之理事長)は1月24~27日、会員事業者のドライバーを対象とした「凍結路面安全運転体験研修会」を開いた。札真自動車学園が持つ石狩市の教習コースで行い、内容は実技と学科で構成。参加者はアイスバーンの走行など、冬道での運転技能を学んだ。
 同コースで研修を行うのは3年目で、札幌定温輸送協同組合(成田洋次理事長)が協力。実技の講師には苫小牧ドライビングスクールの畑井真人副管理者・副校長が、座学では北済協安全推進企画部の冨永洋樹係長が、それぞれ担当した。
 4日間開いた研修は、午前と午後に分けて計7回行い、それぞれ最大20人のドライバーが参加。24日の午後の部では、札ト協の高橋博之専務が「この研修のために道路の一部をアイスバーンの状態にした。様々な雪道を体験して欲しい」と呼び掛けた。
 実技では4トントラックを用意。参加者は雪道でのスラロームや、凍結した道路で急ブレーキを掛けてトラックの制動距離を体感した。研修後には修了証が交付された。(土屋太朗)
【写真=アイスバーンを用意して制動距離を体感(1月24日)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト