物流ニッポン > 厚労省、整備士の感電防止教育 EV・HV 特性踏まえ在り方模索
行 政
2019/01/31

厚労省、整備士の感電防止教育 EV・HV 特性踏まえ在り方模索

t.kokudo
物流ニッポン

 厚生労働省は25日、電気自動車(EV)・ハイブリッド車(HV)を手掛ける整備士の感電防止に向け、必要な特別教育の検討に着手した。EV・HVの整備は「低圧の電気取扱業務」に該当し、特別教育を受けなければならないが、工場を想定した教育内容のため、車両整備の特性を踏まえ、在り方を模索する。法改正に向け、3、4月にも報告書を取りまとめる。
 同日、電気自動車等の整備業務に必要な特別教育のあり方に関する検討会(池田博康座長、労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所電気安全研究グループ部長)を立ち上げた。
 EV・HVは通常車より高電圧の動力を搭載している。保有台数が増えており、自動車整備での感電事故(休業4日以上の死傷者数)は、17年はゼロ件だが、これから増加することが予測される。
 低圧な電気取扱業務に当たるため、従事者は特別教育の受講が義務付けられる。ただ、EV・HVの整備に照らすと内容に過不足がある。例えば、コンバーターやインバーターなど、通常車には無くEV・HVにはある電気回路について教育する必要があると考えられる。(辻本亮平)
【写真=専門の検討会を発足】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト