物流ニッポン > 日本アクセス、近畿―関東で幹線便運行 来月メド 名産品の供給体制構築
物流企業
2019/01/31

日本アクセス、近畿―関東で幹線便運行 来月メド 名産品の供給体制構築

t.kokudo
物流ニッポン

 大手食品卸の日本アクセス(佐々木淳一社長、東京都品川区)は全国チルド幹線物流のエリアを拡充する。2月20日をメドに、近畿から関東に向かう幹線便の運行を新たにスタートする。各地の名産品を全国津々浦々に供給する体制の構築を推進。これにより、各地に埋もれていた新商品を発掘し、品ぞろえの充実と差別化を実現する。
 同社が1月23、24の両日開いた総合展示商談会「春季フードコンベンション2019」で紹介した。全国チルド幹線物流網の整備と並行して、「EX-Factory価格取引」をメーカーに提案。これはメーカーの工場や倉庫から出荷した時点で取引する仕組みで、取引先の物流を受託することでコスト低減を支援する。
 23日の記者会見で、亀岡正彦取締役が「全国幹線便を駆使してMD(マーチャンダイジング)の強化に取り組んでいる。強みの低温物流を生かしたビジネスの構築に注力していきたい」と述べた。
 同商談会では、テーマに「New ACCESS Way 2020~進化・創造」を掲げ、フルライン卸として、更に強化した多様なサービスと機能について提案。北海道物産を紹介するコーナーでは、北海道から関東に向かう幹線便の利点をPRした。同ルートは運行を開始して2年余りが経過し、現在は年間に20億円規模の道産品を首都圏などに届けている。(沢田顕嗣)
【写真=全国チルド幹線物流をアピール(23日)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト