物流ニッポン > プロロジス、茨城・古河でBTS型 今秋着工 国内では自社最大
産 業
2019/01/28

プロロジス、茨城・古河でBTS型 今秋着工 国内では自社最大

t.kokudo
物流ニッポン

 プロロジス(山田御酒社長、東京都千代田区)は22日、茨城県古河市でBTS(特定企業入居)型物流施設5棟で構成されるインダストリアルパークの開発に着手する、と発表した。敷地面積が17万5200平方メートルと、同社の国内開発実績では平場面積として過去最大。1棟当たり延べ床面積3万3千平方メートル程度を想定しており、今秋から順次着工する予定だ。
 計画中の物流施設群は、「プロロジス古河プロジェクト」フェーズ2として開発。開発地の北東の隣接地には、フェーズ1としてBTS型物流施設3棟が稼働している。
 予定地は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・五霞インターチェンジ(IC)から6キロの北利根工業団地内で開発。茨城県と都心部をつなぐ新国道4号からは至近に位置するほか、加須エリアからは10キロとアクセスしやすく、関東全域に加えて東日本における広域配送拠点として活用できる。
 それぞれの施設は、医薬品や食品保管のための定温・冷蔵倉庫に対応したドックシェルターの装備、飲料等の重量物保管に応える床荷重、保管効率を高める有効天井高の設定、ランプウェー付きの多層階設計、免震構造などのニーズにも対応する。このほか、パーク内で働く人のための休憩スペースやコンビニエンスストアを備えた共用棟、給油所等の併設も検討しているという。
 同社では「フェーズ2の開発により、フェーズ1の入居企業にとっても共用施設の利用、人員や保管スペースの相互融通など将来的なメリットが期待される」としている。(井内亨)
【写真=1棟当たり延べ床面積3万3千平方メートル程度を想定する古河プロジェクトフェーズ2(完成予想図)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト