物流ニッポン > 新「道の駅」検討会、地方創生むけ意見交換
行 政
2019/01/24

新「道の駅」検討会、地方創生むけ意見交換

t.kokudo
物流ニッポン

 国土交通省は17日、新「道の駅」検討会(石田東生委員長、筑波大学名誉教授)を立ち上げ、誕生から四半世紀を迎えた道の駅を新たなステージにステップアップさせるための議論を開始した。
 1997年の制度創設から25年を契機として、地方創生を更に加速する新たなステージについて提言するとともに、関係する新施策の具体化について検討会で審議する。
 同日の初会合では、今後の道の駅の在り方について意見交換。「休憩」「情報提供」「地域連携」のこれまでの機能は維持しつつ、防災や子育て支援、インバウンドへの対応、拠点機能といった新たな基本特性を付加する方向などを確認した。
 3月に中間取りまとめを行った後、具体的な施策について検討。今夏にも新ステージの在り方を打ち出し、新たな施策の審議、フォローアップを行っていく。(田中信也)
【写真=新たな基本特性を付加する方向などを確認した】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト