物流ニッポン > ヤマト系、京都物流ターミナル完成 パレット 1日単位の保管実現
物流企業
2019/01/21

ヤマト系、京都物流ターミナル完成 パレット 1日単位の保管実現

t.kokudo
物流ニッポン

 ヤマトマルチチャーター(長谷川真也社長、京都市伏見区)が建設を進めてきた京都物流ターミナル(同区)が完成、1月中にも本格稼働させる。ヤマトホールディングスのグループ会社で初となる、パレットまたはボックスごとの1日単位での保管を実現、小回りの利くサービス提供で新たな需要獲得を目指す。(小菓史和)
 路線便のターミナルを設置していたが、老朽化のため時代のニーズに合わせた施設へとスクラップ・アンド・ビルドを実施した。鉄骨一部鉄筋コンクリート造り5階建て、延べ床面積1万9040平方メートル。倉庫部分は3階建てで、保管面積は延べ1万6500平方メートル。
 倉庫の梁(はり)下は各階とも6メートル以上を確保し、空調機能を備えた。区画ごとのほか、パレットやボックスといった単位での保管にも効率よく対応することで、多品種・小ロットの輸配送や物流管理業務の取り込みを狙う。
 1階には16台分のトラックバースを設置。集配拠点しての機能を持たせた。一方、大型車が乗り入れられる出入り口のほか、貨物用エレベーター4基、ドックレベラー12基、クライミングレベラー2基を設け、幅広い荷役に対応する。
 長谷川社長は「当社は京都で80年の実績があり、その豊富なノウハウを生かし、観光や伝統産業の振興といった面からも地域に貢献できると考えている。グループ各社も入居するので、シナジーを発揮し、積極的に新たな需要を掘り起こしていきたい」と話している。
【写真=時代のニーズに合わせた施設へとスクラップ・アンド・ビルド】

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト