物流ニッポン > トヨタ自動車&米ケンワース、水素電池トラ共同開発
産 業
2019/01/17

トヨタ自動車&米ケンワース、水素電池トラ共同開発

t.kokudo
物流ニッポン

 トヨタ自動車の北米部門は9日、米トラックメーカー、ケンワース・トラックと連携し、水素燃料電池を搭載したゼロエミッションのトラックを共同で開発する、と発表した。
 トヨタは、ケンワースのトラックをベースに、モデル「T680」のトラック10台を共同で開発。ロサンゼルス港から内陸部などまで走行し、蒸気以外のものを放出させずに貨物輸送を行う。T680は、満タン状態で480キロ以上を走行できる。
 トヨタ自動車の北米部門では「ただの科学実験でなく、社会的な改革が目的。空気の汚染防止と改善に寄与していく」としている。(セルバンテス・アロン)
【写真=ケンワースのトラックをベースに開発する「T680」】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト