物流ニッポン > 国交省、物流の生産性向上懇談会 品目別の立ち上げ完了 加工食品はパレット化重要
行 政
2019/01/03

国交省、物流の生産性向上懇談会 品目別の立ち上げ完了 加工食品はパレット化重要

t.kokudo
物流ニッポン

 国土交通省は12月21日、「建設資材物流における生産性向上及びトラックドライバーの労働時間改善に関する懇談会」(矢野裕児座長、流通経済大学教授)を立ち上げ、17年の輸送品目別の調査で荷待ちが多く発生していた上位3品目全てで、課題是正の検討に入る体制を整えた。同調査では4位に「飲料・酒」が、5位に「生鮮食品」が入っていたが、当面は上位3品目の改善に向けた検討に集中する方針。今後、それぞれの懇談会で品目の特性に応じたアンケートと実証実験を行い、3月にも成果を取りまとめる。(辻本亮平)
 同省は17年7月、荷主都合による30分以上の荷待ちが多く発生している輸送品目について調査。その結果、「加工食品」が最多で、「建築・建設用金属製品」「紙・パルプ」と続いた。この結果を踏まえ、品目ごとの懇談会を立ち上げて改善策を検討することとした。懇談会の立ち上げは、同省自動車局の2019年度予算案にも、トラック事業の働き方改革の推進(予算額1億5500万円)の一部として盛り込まれた。
 加工食品版は、18年6月に発足。12月13日の第2回会合では、アンケート結果を踏まえた実証実験案について説明した。リードタイム延長による配車の効率化、発注回数や荷役時間の削減に向けたパレット化などを挙げた。同日の懇談会では、特にパレット化を重要な方策として支持する意見が多く出た。
 紙・パルプでは、12月6日に発足した洋紙・板紙分野に続き、13日に家庭紙分野の懇談会を立ち上げた。
 紙・パルプの中でも家庭紙は流通経路が日用品に近く、洋紙・板紙とは異なる。
家庭紙部門の次回会合は2月の開催を見込んでいる。
 12月21日には建設資材の物流で検討を始め、上位3品目での懇談会立ち上げを完了した。建設資材の物流は①荷姿や重量が多岐にわたり、物流ルートが複雑②建設現場が移り変わるため、配送先周辺の交通状況が毎回異なる③納品のタイミングが直前に変わる――ことなどが課題。
 同日の懇談会では、現場や関わる事業者によって流通経路が異なることから、アンケート内容を精査するよう求める声が多く上がった。19年初めに開催する第2回会合までに修正し、確実な状況把握につなげたい考えだ。
【写真=アンケート内容を精査するよう求める声が多く上がった】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト