物流ニッポン > 旭新運輸開発、労働時間短縮へ新営業所 荷主工場近くに倉庫集約
物流企業
2018/12/24

旭新運輸開発、労働時間短縮へ新営業所 荷主工場近くに倉庫集約

t.kokudo
物流ニッポン

 【北海道】旭新運輸開発(新井竜範社長、大阪市北区)は10日、千歳営業所(北海道千歳市)を稼働させた。敷地面積7200平方メートルの土地に、床面積1980平メートルの平屋建ての倉庫も建設。段ボールをメインに取り扱い、同社の道内の主要拠点として機能させる。荷主工場の近くに設けたことで、ドライバーの労働時間の短縮も見込む。(土屋太朗)
 新営業所は倉庫に加え、事務所やトラック30台分の駐車場を設置。倉庫は恵庭市と千歳市にある倉庫の機能を集約した。恵庭市の倉庫は継続して稼働させ、段ボールに代わる新たな貨物を取り込んでいく。
 新営業所の倉庫では、最大で1日当たり5万平方メートル分の段ボールを取り扱う予定。併せて、飲料など段ボール以外の品目も手掛けていく。
 配送先は道内全域。だが、荷主工場に近くなったことで、ドライバーによる配送距離が短くなり、労働時間の短縮につながる。加えて、倉庫には荷役を行う作業員を常駐させ、ドライバーの積み込みなどの負担も軽減させる。
 同社ではドライバーや庫内作業員は全て正社員。未経験者でも積極的に採用し、運転免許の取得支援も行う。作業員も正社員にすることで、ドライバー未経験者でも、まず作業員から始めてもらうことで、将来的にドライバー職を担ってもらうようにする。
 こうした取り組みが奏功し、社員は20~40代が多い。今後も増車・増員を進め、道内で営業所の開設も進めていく方針。新営業所の岩田祐二所長は「労働時間を減らせば、その分新たな労働力も必要になる。従業員の余暇の時間が増えるよう取り組む」と話す。
【写真=営業所の倉庫では、最大で1日当たり5万平方メートル分の段ボールを取り扱う予定】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト