物流ニッポン > 幸楽輸送、SDGsイベントに参加 リレー輸送など事例紹介 4つの「ゴール」達成掲げ
物流企業
2018/11/26

幸楽輸送、SDGsイベントに参加 リレー輸送など事例紹介 4つの「ゴール」達成掲げ

t.kokudo
物流ニッポン

 【北海道】幸楽輸送(不動直樹社長、札幌市清田区)は10、11日に札幌駅前通地下歩行空間で開催された「つながろう!北海道SDGs×コミュニティーアートキャラバン」に参加した。主催は北海道clubで、企業やNPO(非営利組織)法人、自治体などが参加している。(岡杏奈)
 SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2016~30年の国際目標のことで、持続可能な世界実現のための17のゴールが設定されている。同社は、そのうち「働きがいも経済成長も」「産業と技術革新の基盤をつくろう」「つくる責任、つかう責任」「パートナーシップで目標を達成しよう」の達成を掲げている。
 事業開発部事業開発課の岡本杏子氏がプレゼンを行い、会社概要やそれぞれのゴールに向けて取り組んでいる事例として「リレー輸送」「スペース貸し(混載)」「在庫管理」を紹介。ブースにはトレーラのタイヤも展示した。
 このほか、参加団体はそれぞれ、ブース出展や活動内容のプレゼンを実施。また、音楽ステージや活動内容を紹介するパネル展示、小児用ゲームコーナー、豊浦町のホタテ釣り体験など様々な企画でSDGsの取り組みを周知した。
 不動社長は「SDGsは、それぞれの分野から取り組むことができると分かった。物流という側面から、SDGsの実現に向けて取り組みを継続するとともに、北海道での活動拡大に向けてこれからも積極的に参加していきたい」とコメントした。
【写真=SDGsの実現に向けた取り組み事例を紹介】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト