物流ニッポン > マルソー、金融機関と意見交換 託児所で女性活躍支援
物流企業
2018/11/22

マルソー、金融機関と意見交換 託児所で女性活躍支援

t.kokudo
物流ニッポン

 マルソー(渡邉雅之社長、新潟県三条市)は13日、女性がより活躍できる職場づくりに向け、日本政策金融公庫新潟支店(中村貴修支店長)と大光銀行との意見交換会を行った。子会社のファースト・ブレイン(渡邉社長、三条市)が手掛ける企業内託児所の取り組みをメインに、支援へのノウハウを紹介した。
 両行は仕事と家庭の両立に向け、共に環境整備に力を入れており、これまでも女性行員同士によるミーティングを実施。今回は企業主導型保育施設の運営で実績を上げるマルソーに協力を依頼し、サポート体制の充実へアドバイスを受けた。
 渡邉社長が託児所を始めた経緯からオープン準備、開設後の状況まで説明。現在は本社と新潟市西蒲区、同中央区の計3カ所で展開しているが、更に上・中越地域でも開園する計画を発表した。
 この後、西蒲区の巻潟東SLC(ストラテジック・ロジスティクス・センター)内にある「わくわくちびっこ園」を視察。現場のスタッフも質問に答え、託児所が設けられていたため、マルソーグループの従業員になったケースが多いことも報告された。
 大光銀行の山口知康人事部長は「何事も早く取り掛かるのが重要だと再認識した。互いにカネとモノを扱い、経済を回す血液のような業種。これからも連携を深めていきたい」と述べた。(河野元)
【写真=「わくわくちびっこ園」でスタッフに質問する参加者】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト