物流ニッポン > 高松道/4車線化後制限速度、高速会社「完成直前に決定」 香川高速安協 モニター会議で
団 体
2018/11/19

高松道/4車線化後制限速度、高速会社「完成直前に決定」 香川高速安協 モニター会議で

t.kokudo
物流ニッポン

 【香川】香川県高速道路交通安全協議会(楠木寿嗣会長)は10月29日、本州四国連絡高速道路坂出管理センター(坂出市)で、ハイウェイモニター会議を開催した。モニターの提言に対し、西日本高速道路(酒井和広社長、大阪市北区)や本州四国連絡高速道路(酒井孝志社長、神戸市中央区)の担当者が回答。高松自動車道4車線化後の制限速度については、「完成直前に決定する」と答えた。
 楠木会長は「昨年10月にハイウエイモニターを委嘱させてもらい、1年が経過した。本日の会議は、高速道路での事故防止や安全対策に反映させるための意見交換の場。高松道は4車線化工事が急ピッチで進められており、安全で安心な道路環境実現の一助となることを期待している」とあいさつ。
 昨年に委嘱されたモニターはトラックやバス、タクシーなどの業界団体の9人で、任期は来年10月まで。29日の会議では、モニターから「高松道4車線化後の制限速度はどうなるのか」との質問に対し、高速道路会社側は「工事事務所で警察と協議中。完成直前に決定する」と回答。
 また、モニターは「沿道の植木が見通しを悪くしている」「パーキングエリアのトイレに向かう階段で転倒事故が数回発生している」「路面のくぼみが気になる区間がある」など、具体的な場所を示して改善を求め、高速道路会社側は対処方法を説明した。(江藤和博)
【写真=「沿道の植木が見通しを悪くしている」など具体的に改善を要望】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト