物流ニッポン > ヤマト運輸、流山ベース来月稼働 関東・東北を結ぶ
物流企業
2018/10/11

ヤマト運輸、流山ベース来月稼働 関東・東北を結ぶ

t.kokudo
物流ニッポン

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)は3日、北関東支社流山主管支店内に物流ターミナル「流山ベース」(千葉県流山市)を新設し、11月20日に稼働させる、と発表した。常磐自動車道・流山インターチェンジ(IC)から2.7キロメートルに位置し、東京外環自動車道や東北自動車道にアクセスしやすく、関東地方と東北・北海道を結ぶ中継・集約拠点としての機能を担う。
 流山ベースは、流山市西深井のDPL流山の1階で、敷地面積は共用部を含めて6万6580平方メートル、フロア面積3万2500平方メートル。千葉県、茨城県、埼玉県のそれぞれ一部のエリアを担当する。
 周辺地域では、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)など主要自動車道の延伸によって利便性が向上。企業の製造拠点や物流拠点が集積し、物流需要が旺盛になっている。
 需要に応えるため、クロスベルトソーター(仕分け機器)、前詰め搬送機(ロールボックスパレット自動搬送機)など最新のマテハンを整備する。また、施設内には保育所が併設されており、働きやすい環境にも配慮している。(高橋朋宏)
【写真=クロスベルトソーターなど最新のマテハンを整備】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト