物流ニッポン > 日本GLP、浦安施設一部建て替え 20年竣工 収容能力大幅に向上
荷 主
2018/10/08

日本GLP、浦安施設一部建て替え 20年竣工 収容能力大幅に向上

t.kokudo
物流ニッポン

 日本GLP(帖佐義之社長、東京都港区)は9月27日、千葉県浦安市で運用している物流施設「GLP浦安Ⅱ」の一部建て替えを行う、と発表した。現在の2階建て(倉庫フロアは2層) から7階建て(同5層)に増床。隣接する物流施設「GLP浦安Ⅰ」と合わせて、延べ床面積が1万6千平方メートルとなるため、収容能力が大幅に向上する。
 着工は2019年1月を、竣工が20年2月を予定。入居企業は、建て替え後も継続して利用することが決まっている。建て替えに合わせて、テナント企業のニーズに対応。大型の庇(ひさし)やエレベーターを設置するほか、一部フロアでは空調と大型シーリングファン「ビッグアスファン」を併設して、庫内環境の快適性を向上させる方針だ。
 帖佐社長は「入居企業のオペレーションに配慮して、既存の1棟(浦安Ⅰ)を稼働させながら、浦安Ⅱを建て替えることとした。これに際して、入居企業と当社設計チームが綿密に協議した上で決定した」としている。(井内亨)
【写真=大型の庇やエレベーターを設置(完成予想図)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト