物流ニッポン > TNS、グループ経営強化を図る 今期 売上高8%増めざす リース・レンタル拡大
荷 主
2018/09/13

TNS、グループ経営強化を図る 今期 売上高8%増めざす リース・レンタル拡大

t.kokudo
物流ニッポン

 中古トラック売買のタカネットサービス(TNS、西口高生社長、横浜市西区)はグループ経営の強化を図るため、営業ナンバーの付いたトラックのリース及びレンタル事業、タカロジ(道幸由竹社長、栃木県那珂川町)を中核とした実運送の事業拡大に注力していく。2019年5月期において、全国に5営業拠点を新設するとともに、タカロジの保有台数を現行の120台から200台規模に増車するなどし、連結売上高200億円(前期比8.1%増)達成を目指す。(高木明) 
 中古トラックの売買及びリース、レンタル事業の拡大に向け、栃木、新潟、大阪、広島などに計5営業拠点を新設し、全国15ネットワーク体制に拡充する。うち新潟、広島はタカロジの営業所も併設する。
 中でも、19年3月に竣工する栃木車両センター(仮称、大田原市)は、敷地面積6万2700平方メートルで、約300台の車両を展示できるスペースに加え、整備・架装センター及びインタンク(自家用給油施設)などを併設する。業界最大規模の施設で、総額12億5千万円の投資を見込む。
 TNSのリース事業は、有償運送が可能な「営業ナンバー」のトラックを利用できるのが特徴。例えば、企画商品「リースdeスグのり」は1年更新型新車リースで、整備費用の削減などに役立つ。また、更新の度に新車が提供されることからドライバー確保の効果も期待できるという。
 一方、タカロジはTNSグループの組織改編に伴い、永森運輸と陸送ネット運輸事業部の2社が経営統合、4月から「新会社」として再スタート。1日には名古屋営業所(愛知県蟹江町)がオープンしたが、近く、新潟、広島にも営業所を開設する。現在、郵便輸送を中心に事業展開しているが、期中には200台体制に引き上げる。
 TNSによると、18年5月期の売上高はリース、レンタル事業が好調に伸びたことや、実運送部門のM&A(合併・買収)効果などから前の期比80%増の185億円となった。西口社長は「車両価格は新型車の投入などで、従前に比べて随分と高くなっており、最近では営業ナンバーをレンタカー的に利用する傾向が浸透してきている。今期は200億円必達を目標に体制を整備していきたい」と話している。
【写真=栃木車両センターは19年3月に竣工予定】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト