物流ニッポン > 秋ト協/ドラコン、18年ぶり実技復活 技術向上つなげる
団 体
2018/08/06

秋ト協/ドラコン、18年ぶり実技復活 技術向上つなげる

t.kokudo
物流ニッポン

 【秋田】秋田県トラック協会(赤上信弥会長)は7月22日、ドライバーコンテストで18年ぶりに運転技能と整備点検の両競技を復活させた。これまでは学科試験のみで開催してきたが、ドライバーの中心業務である運転などの実技を取り入れることで更なる技術の向上を図り、運転者の誇りと社会的責務の自覚を促すのが目的だ。出場選手登録は3部構成に設定。第1部は全国大会の予選を兼ねて競い合う場で、第2部は大会を経験してレベルアップに努めるトライアルのような位置付け。第3部は学科のみで、今後の本格的な参加を目指す枠とした。(今松大)
 開会式で、赤上会長が「少しでも参加しやすい環境を整えたかった。裾野を広げ、スキルアップにつなげていきたい」とあいさつ。更に、「ドライバーは、若者の憧れの職業になると確信している。皆さんは、そのトップランナーだ。切磋琢磨(せっさたくま)して大会に臨み、業界をけん引するという強い気構えを持ってもらえればうれしい」と力を込めた。4トン部門に出場する松山隼部選手(日通秋田運輸)が力強く選手宣誓し、実技競技が幕を開けた。
 厳しい暑さの中、トレーラ、11トン、4トン、女性の4部門に挑んだ合計24人の選手が日頃の成果を発揮。日本通運勢が11トンと4トンの2部門を制覇した。最高得点は、4トン部門で優勝した佐藤大選手(日本通運秋田警送事業所) の970点(千点満点)。佐藤選手は「出場を支えてくれた会社の皆さんに、とても感謝している。全てが難しく感じたので、いつもより丁寧に安全確認をして審判にアピールした。学科は毎日勉強して臨んだ。また、日常業務でも常に安全運転を心掛けていた」と振り返った。
 このほかの入賞者は次の各選手。
 〈11トン〉優勝=富沢正光(日本通運大館支店)▽2位=高田拓也(角間川運送)▽3位=塚田智也(東北運輸)
 〈4トン〉2位=須田優幸(日本通運秋田警送事業所)▽3位=佐田光郭(同)
 〈トレーラ〉優勝=遠藤和昭(シートランス)▽2位=半沢国夫(日本通運秋田支店)▽3位=安田尚(八森運輸)
 〈女性〉優勝=吉川恭子(秋田港北トラック)
【写真=970点の最高得点で4トン部門を制した佐藤選手】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト