物流ニッポン > 大和物流、久御山センター稼働 文書保管で一部運用 津波リスク低く
物流企業
2018/07/09

大和物流、久御山センター稼働 文書保管で一部運用 津波リスク低く

t.kokudo
物流ニッポン

 大和物流(緒方勇社長、大阪市北区)は2日、京都府久御山町の物流施設「久御山物流センター」を本格稼働させた。近畿エリアへのアクセスに優れた内陸型のセンター。津波のリスクが低い立地特性を生かして、一部を文書保管センターとして運用する。(井内亨)
 京滋バイパス・久御山インターチェンジ(IC)や第二京阪道路・久御山南ICから2キロ。近畿日本鉄道京都線・伊勢田駅から2.6キロに位置し、近隣には住宅地も多いことから、多くの人手を必要とする流通加工業務も可能。これら立地特性を生かし、商品保管や在庫管理、入出荷作業、共同配送など幅広い顧客ニーズに対応したサービスを提供する。
 敷地面積9970平方メートル、鉄骨造り地上2階建て(事務所は3階建て)で、延べ床面積は1万940平方メートル。奥行き10メートルの庇(ひさし)を設け、雨天時でも貨物の積み下ろしができる。
 トラックバースは4トン車21台が同時に接車できる高床式。トラックバース直結の貨物用エレベーター2基(最大積載量3.6トン、4.6トン)に加え、垂直搬送機2基(1.5トン)を設けた。このほか、建物の搬入口とトラックの荷台との高低差を無くす装置「ドックレベラー」も整備した。
 また、倉庫及び事務所の全館でLED(発光ダイオード)照明を採用、屋上には太陽光パネルを敷設するなど環境面にも配慮した。
 同社では「今回の開設によって近畿エリアにおける事業展開を加速し、取引先へのサービスレベルの更なる向上に取り組んでいく」としている。
【写真=近畿エリアへのアクセスに優れた内陸型の物流センター】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト