物流ニッポン > 岩手県、宮古港ターミナル完成 室蘭との航路つなぐ
行 政
2018/06/11

岩手県、宮古港ターミナル完成 室蘭との航路つなぐ

t.kokudo
物流ニッポン

 岩手県が整備を進めていた宮古港フェリーターミナル(宮古市)が1日、完成した。22日には北海道の室蘭港との間を結ぶ航路が就航予定。岩手県初の定期航路開設を前に、地元では機運が高まってきた。同日開かれた落成式で、達増拓也知事が「このターミナルが貨物輸送や岩手県と北海道との交流拠点として、三陸地域の復興に大きな力を発揮するものと期待している」とあいさつ。
 川崎近海汽船の赤沼宏社長は「温かくて優しい我が家のような存在になるのではないか。復興道路が全線開通すれば、岩手県沿岸の交通アクセスは大幅に向上する。新航路との接続により、本州北海道の間に新たな物流ルートが生まれ、地域の発展に貢献できる。開設の日が近付くにつれ、緊張感と使命感が募っている」と祝辞を述べた。
 ターミナルは鉄骨造り3階建てで、延べ床面積が2160平方メートル。屋上は津波避難スぺースとしての役割も果たす。大型車67台が駐車可能。同日、川崎近海の宮古支店もビル内にオープンし、就航へ向けて準備を進めていく。(今松大)
【写真=屋上は津波避難スぺースとしての役割も】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト