物流ニッポン > 陸災防、リフト荷役の出張試験 審査員が希望企業に
団 体
2018/05/17

陸災防、リフト荷役の出張試験 審査員が希望企業に

t.kokudo
物流ニッポン

 陸上貨物運送事業労働災害防止協会(川合正矩会長)は10日、フォークリフト荷役技能検定2級の出張実技試験を開始する、と発表した。出張実技試験では、受検を希望する企業・団体が用意した試験会場に陸災防の審査員などを派遣し、実施。受検者数10~20人から対応し、検定の利便性向上と制度の普及促進を図っていく方針だ。
 同検定は、フォークリフトを使った業務の「安全、迅速、正確な作業」を評価するもので、2015年に創設。当初はカウンターバランス式のみだったが、荷役現場で稼働台数が多いリーチ式フォークリフトの2級検定も18年3月から始めている。出張実技試験はカウンターバランス式、リーチ式の両方に対応する。
 受検を希望する企業などは、点検試験と実技試験で使用する最大積載荷重1~1.5トンのフォークリフトを各1台、障害物を設置した運転試験コース、運転試験で使用する積載荷重500キログラムの荷物、審査員控え室、採点集計室などの用意を求めている。運転試験コースは、カウンター式の場合が左右8.4メートル、縦16.5メートル、リーチ式は左右8.2メートル、縦12.1メートルのレイアウトになる。
 出張実技試験の実施費用は、10人までが5万円で、10人超の場合、1人につき5千円追加される。自前で会場を用意できない場合は、最寄りの陸災防支部の会場を借りて対応することも可能としている。(佐々木健)
【写真=カウンターバランス式、リーチ式の両方に対応(3月に実施した2級検定)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト