物流ニッポン > 国交省、法令順守のコスト示す 今夏にも手引きまとめ
行 政
2018/05/14

国交省、法令順守のコスト示す 今夏にも手引きまとめ

t.kokudo
物流ニッポン

 国土交通省は今夏にも、トラック運送事業に必要なコストと、コンプライアンス(法令順守)の重要性を示した手引きをまとめる。品目ごとのコスト構造を示すとともに、改善基準告示との関わりを明記。コンプライアンス違反につながりやすい行為も盛り込む。荷主とトラック事業者の双方に活用を促し、適正な取引環境の構築につなげる。
 9日、トラック運送業の適正運賃・料金検討会(藤井聡座長、京都大学大学院教授)を開き、同省が手引きの素案を提示。今後、委員からの意見を集約し、早期に策定したい考えだ。
 手引きでは、改善基準告示や行政処分など、トラック運送事業者を対象とした法規制について示すとともに、トラック運送事業の費用を名目ごとに明記。法規制に関しては、荷主勧告制度や独占禁止法についても記載する。その上で、法令を順守するに当たって増えるコストを示す。
 例えば、長距離ドライバーの拘束時間の上限の順守では①ツーマン運行にする②高速道路やフェリーを活用する――といった対策を記す。その上で、それぞれの取り組みに掛かるコストを明記。ルールを伝えるだけでなく、コストとの関係性も訴えることで、荷主に運行の実態への理解を深めてもらう。また、直接的なコンプライアンス違反だけでなく、その原因となるような行為についても盛り込む。(土屋太朗)
【写真=トラック運送業の適正運賃・料金検討会で素案を提示】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト