物流ニッポン > イベコ、大型LNGトラックを発表 小型CNGバンも
産 業
2018/05/14

イベコ、大型LNGトラックを発表 小型CNGバンも

t.kokudo
物流ニッポン

 イベコは8日、LNG(液化天然ガス)を燃料とする大型トラクタ「ストラリスNP」、CNG(圧縮天然ガス)車の小型商用バン「デイリー・ハイマティック・ナチュラル・パワー」、小型バス「デイリーミニバス・ナチュラル・パワー」を日本市場向けに発売した。日本国内ではアイ・ティー・エス ジャパン(橋本博文社長、千葉県船橋市)が販売窓口となる。同日、東京都で行ったプレスカンファレンスで、イベコのピエール・ラウッテ社長が説明した。
 ストラリスNPのLNGタンクを2基搭載した仕様では、航続距離が1500キロ(メーカー公表値)という「足の長さ」を誇る。先月には、いすゞ自動車が環境優良車普及機構(LEVO、岩村敬会長)と共同で大型LNGトラックの実証実験を開始することを表明しており、航続距離に課題を残すCNG車に対し、大型LNG車の登場は、ディーゼル一辺倒だった長距離輸送に一石を投じることになりそうだ。
 ストラリスNPは長距離輸送用に設計された車両総重量16~44トンの大型トラック。LNG仕様の場合、最大で1500キロの航続が可能で、搭載タンクはLNGとCNGを選択できる。排気量8.7リットルの直列6気筒エンジンは、ディーゼル車と同等の最大出力400馬力を発揮する。
 12段階の自動変速機と油圧式リターダ(補助ブレーキ)、ACC(追従式クルーズコントロール)などを備える。同等のディーゼル車に比べ二酸化炭素(CO2)を15%削減できるほか家庭ごみなどから精製されるバイオメタンガスを使用した場合、最大95%も削減できるという。
 デイリーハイマティックNPは、車両総重量3.5~7トンの小型商用バン。パネルバンや側窓を持つウインドー・バンなど三つのボディー形状をラインアップ。排気量3.0リットルのCNGエンジンから136馬力の最高出力を発生させる。8段変速の機械式自動変速機「ハイマティックトランスミッション」を搭載する。
 2012年、世界保健機関(WHO)傘下の国際がん協会(IARC)がディーゼルエンジンの排出ガスを「ヒトに対する発がん性がある」と、ガソリンエンジンを「発がん性がある可能性がある」と、それぞれ位置付けた。こうした流れを受け、ヨーロッパ各国で脱ディーゼル・ガソリンが加速化。天然ガス自動車(NGV)がEU(欧州連合)全域を走行できるよう、幹線道路にLNG・CNGスタンドをそれぞれ400キロごと、150キロごとに整備する取り組みがスタートし、17年に整備が完了した。これにより、北欧諸国からスペイン、ポルトガルまでNGVで走行することが可能となっている。
 一方、日本では6月に大阪、7月に東京でLNGスタンドが設置される予定で、インフラの整備がLNG車の普及のカギを握っている。(小瀬川厚)
【写真=ストラリスNPは1500キロの航続距離を持つ(10日、ジャパントックショー)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト