物流ニッポン > 福通、キタザワと資本業務提携 引越ノウハウで事業拡大 車両共同購入も視野
物流企業
2018/04/16

福通、キタザワと資本業務提携 引越ノウハウで事業拡大 車両共同購入も視野

t.kokudo
物流ニッポン

 福山通運は11日、首都圏エリアを中心に一般貨物輸送や引っ越しを手掛けるキタザワ(北澤敏也社長、東京都江東区)と資本・業務提携を結ぶことで基本合意した、と発表した。両社は今回の提携により、福通の全国ネットとキタザワが持つ引っ越しのノウハウを生かした事業拡大に取り組む。福通では「引っ越し市場はこれからも拡大していく可能性を持つ事業分野」としている。(高木明)
 基本合意によると、福通はキタザワの発行済み株式の51%を、7月中をメドに取得、傘下に入れる。現在、キタザワは首都圏を中心に事業展開しているが、福通の全国ネットワークを活用することにより、営業エリアを広げる。福通の引越事業収入は数十億円規模で、新体制の下で更なる事業拡大に取り組む。
 キタザワは1957年4月設立で、資本金3千万円。保有車両はエアサスペンション車(4トン)10台、バンゲート車(2トン)10台など。精密機器輸送や路線便になじまない重量物輸送などを展開している。98年4月にはキタザワ引越センター(北澤社長、東京都江戸川区)を設立し、引越事業やリサイクル事業・販売分野などに参入した。売上高は11億8800万円(2社合計、2017年3月期)。
 現在、福通では全国13カ所に引越センターを設置しており、事務所移転や家族向け引っ越しなどを「フクツー引越便」のブランド名で、ワンルームの住居者や独身者向けは「青春引越便」として実施している。同社では「事業規模の拡大はもとより、車両関連や引越資材などの共同購入などによるコスト削減も追求していく」(広報IR室)としている。
【写真=業務・資本提携の調印式に臨んだ福通の小丸社長(右)とキタザワの北澤社長】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト