物流ニッポン > 武蔵野ロジ、初の冷凍専用拠点を開設 セブンイレブン向け強化
物流企業
2018/04/12

武蔵野ロジ、初の冷凍専用拠点を開設 セブンイレブン向け強化

t.kokudo
物流ニッポン

 武蔵野ロジスティクス(門岡百年社長、埼玉県三芳町)は3月26日から、同社初の冷凍専用拠点となる日野センター(東京都日野市)を稼働させた。同社ではこれまで、常温と冷蔵の2温度帯輸送だけ行っていたが、主要荷主であるセブン-イレブン・ジャパン(古屋一樹社長、千代田区)が冷凍・チルド食品の販売に注力しているため、対応を強化した。(谷本博)
 同センターは、セブンイレブン店舗向け共配センターの運営などを展開するエスアイシステム(斎藤孝宣社長、東京都新宿区)が2017年5月に、中央自動車道・国立府中インターチェンジから5キロの位置に開設した。
 運営開始に伴い、冷凍・冷蔵3トン車を15台導入。ドライバー32人を配置し、24時間体制で運営。配送店舗は多摩地区をメインに練馬区などもカバーする。
 夜間と昼間の2交代制となるが、当面は他のセンターからの応援を受けながら対応する。併せて、冷凍製品の扱い方などを含め、新人ドライバー教育の場としても活用。今後の冷凍食品の需要を見ながら、専用センターの増設も視野に入れていく。
【写真=日野センターに導入した3トン冷凍・冷蔵車】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト