物流ニッポン > ロジリンクス、東北一円の充実めざす 大手投資「ありがたい」
物流企業
2018/03/08

ロジリンクス、東北一円の充実めざす 大手投資「ありがたい」

t.kokudo
物流ニッポン

 ロジリンクス(太宰栄一社長、仙台市宮城野区)は東北一円をカバーする物流不動産会社として、クライアントサービスの更なる充実を目指していく。地域に密着した強みを生かし、常に東北のポテンシャルを模索。ベストの方法を導くため、物流をキーワードに多くの人々の話に耳を傾け、あらゆるビジネスチャンスをうかがう。橋詰仁郎マネージャー(47)は、「東北の物流をどうするか――。最善の提案をすることが、我々の使命」と意欲を見せる。
 東日本大震災から7年が経過し、東北の物流不動産のマーケットは節目を迎えた。復興需要は影を潜め、リーマン・ショック前に戻りつつある。2016年から、300平方メートル前後の物件に空きが目立つようになっているという。他の地域から一時的に被災地へ進出してきた企業が、撤退を始めたことが要因の一つに挙げられる。元々、東北のマーケットは大きくない。各社が物流コストの採算性を吟味し、規模の縮小に踏み切っているようだ。
 需給のミスマッチも目立ちだした。汎用(はんよう)性の高い千~1600平方メートルの倉庫の需要は多いものの、供給は少ない。あるのは300平方メートル程度か、1万平方メートル超の物件ばかりだ。一方で、大型施設の建設は続く。橋詰氏は「大手企業にこうした思い切った投資をしてもらえるのは、東北にとってはありがたい話」と歓迎する。話題として取り上げてもらうことで、地域のマーケットが活性化するからだ。
 こうした状況を踏まえ、橋詰氏は同業他社やメーカーなどと、膝を交えて情報交換する必要性を強調する。「物流というキーワードで話し、信頼関係を築きたい。誠心誠意の対応で、『あの会社はたくさんの情報を持っているな』と思ってもらえれば幸いだ。わずかな可能性でも、取引につなげていければいい。価値ある情報提供に加え、地元の倉庫へ貨物を集めてもらうような手助けもしたい」。東北にとって、何がプラスになるのか――。同社は、今後も東北をセールスするというポリシーを持ち続ける。(今松大)
【写真=物流をキーワードに人々の話に耳を傾け、ベストの方法を提案する橋詰マネージャー(左)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト