物流ニッポン > 北関東物流、新本社が営業スタート 配車機能の高度化進め
物流企業
2018/01/22

北関東物流、新本社が営業スタート 配車機能の高度化進め

t.kokudo
物流ニッポン

 【栃木】卸・流通事業者向け3PL(サードパーティー・ロジスティクス)を手掛ける北関東物流(神成光輝社長、栃木県鹿沼市)は11日、とちぎ流通センター協同組合(関口快流理事長)内に開設した、新本社施設での営業を開始した。壬生(みぶ)町にあった旧本社施設は、1月末までに売却予定。同社最大規模の拠点である鹿沼営業所の近隣地区で、営業活動や配車機能の高度化を進める。
 新本社は敷地面積1130平方メートル、2階建てで延べ床面積440平方メートル。事務経理などのオフィス機能のみに特化。鹿沼営業所は敷地面積6500平方メートル、鉄筋4階建て延べ床面積8700平方メートルの倉庫、事務所棟があり、通過型の流通加工や在庫保管機能も備えている。
 同協組は、東北自動車道・鹿沼インターチェンジに近く、東北から関東などに広がる各拠点の責任者も集まりやすい立地で、2階部分には床面積100平方メートルのセミナールームを設置。社内研修だけでなく、社外でのイベントにも開放し、様々な情報交換にも活用していく方針。
 同社は2018年3月期の売上高に29億円を予想する。ドラッグストア向けの共同配送に強みがあり、主力の関東から東北までに9拠点を構える。パートを含めた従業員数は350人、車両90台を保有する。
 神成社長は「15年の鹿沼営業所の開設など、この数年間は急ピッチで投資活動を進めてきた。この本社移転で一段落となる。今後は中身の充実を進めたい」と話している。(佐々木健)
【写真=事務経理などのオフィス機能のみに特化】

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト