物流ニッポン > デリバリーサービス、教習用トラック導入 アクセル操作を可視化
物流企業
2018/01/22

デリバリーサービス、教習用トラック導入 アクセル操作を可視化

t.kokudo
物流ニッポン

 ネット通販などの宅配業務を都内全域で展開するデリバリーサービス(志村直純社長、東京都府中市)は、コンプライアンス(法令順守)と安全に力を入れるため、2017年6月に教習専用トラックを導入した。自動車教習所の車両と同様、指導役が乗る助手席側にもブレーキを装備。ドライバーのアクセル操作もパネル上で確認できる特別仕様だ。
 ナンバーはあえて自家用を付け、「仕事とは別に、トラックの運転を覚えるための車」という社内での位置付けを明確にした。「荷物を運びながらの教育では、運転の習熟にドライバーも指導者も集中できない」との理由だ。
 「教えられていないことはできなくて当たり前」という意識で新人ドライバー教育に対応。4日間のカリキュラムで、狭い住宅街の通行など、安全運転技術を徹底的にたたき込む。アクセル操作の確認パネルの設置について、担当者は「加減速でもアクセルを離すべき場面と、踏まなくてはならない場面がある。その操作を可視化することが大切。安全運転をきちんと教えたい」と話す。
 現在は月間3人程度の指導に使っているが、今後は採用を強化するため、更に活躍の場面が増える予定だ。(佐々木健)
【写真=ナンバーはあえて自家用を付ける】

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト