物流ニッポン > アサヒロジスティクス、グループ初の保育園 地域貢献で待機児童も受け入れ
物流企業
2018/01/11

アサヒロジスティクス、グループ初の保育園 地域貢献で待機児童も受け入れ

t.kokudo
物流ニッポン

 アサヒロジスティクス(横塚元樹社長、さいたま市大宮区)は5日、アサヒキッズランド嵐山花見台保育園(埼玉県嵐山町)を開設し、入園式を行った。グループ初の保育事業となるアサヒキッズランドは、グループやアサヒパートナーズ会の従業員の子弟だけでなく、地域貢献の立場から嵐山町の待機児童を受け入れる。園児10人と保護者に、新たな施設を披露した。
 保育園は旧本社社屋だったアサヒロジスティクス花見台共配センター(同)の事務棟1階の一部を保育室として整備した。生後半年から6歳未満の児童が対象で定員は19人。開園時は10人でスタートする。
 運営は保育事業を手掛ける外部企業と連携し、保育士11人のほか、看護師と栄養士各2人をスタッフに迎えている。保育料はグループ従業員が月1万円、パートナーズ会従業員2万円、地域住民は3万5千円となっている。
 設立に当たっては、内閣府の企業主導型保育事業を活用し、サービス業としての理念と目標を備えた「おもてなし保育園」を標ぼう。施設見学で、担当者が「子供を主役に運営し、思いやりの心を育んでいきたい。この事業には地域貢献の意味もある。開園に当たり、新聞の折り込み広告などでチラシを6千枚配布している」と説明した。
 入園式で、横塚社長は「お子さんの健やかな成長のため、保護者の皆さんや保育士の方々と連携してサービスを展開し、子育てをサポートしていきたい」とあいさつ。岡本久子園長は「皆と力を合わせ、子供が安心して来られる保育園をつくりたい」と抱負を述べた。(佐々木健)
【写真=企業主導型保育事業を活用して開設した嵐山花見台保育園】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト