物流ニッポン > 滋ト協/物流ゼミ、荷主との協力関係重要 適正運賃・料金収受へ
団 体
2017/12/07

滋ト協/物流ゼミ、荷主との協力関係重要 適正運賃・料金収受へ

t.kokudo
物流ニッポン

 【滋賀】滋賀県トラック協会の田中亨会長は、11月22日開いた物流セミナーで、トラック業界が直面する課題の解決に向け、荷主との良好なパートナーシップが重要である点を強調し、理解と協力を求めた。
 田中氏は「全ト協の坂本克己会長は『ドライバーが働いて良かったと思える業界にしたい』と言っている。私も全く同感であり、安全と人材確保を最重要課題として取り組んできた」と説明。
 その上で、「4日に施行された改正標準貨物自動車運送約款では、手待ち時間や付帯作業に対する料金と運賃を明確に区別することが盛り込まれた。労働条件の改善には、相応のコストが必要であり、その原資となる適正運賃・料金の収受への特段の理解をお願いしたい」と呼び掛けた。
 滋賀運輸支局の吉祥一美支局長も「運送業界では、人手不足が深刻になっている。国土交通省としても、物流の効率化に向けた施策を進めているが、荷主の皆さんの力添え無しに実現することはできない」と述べた。
 続いて、ジャーナリストの長谷川幸洋氏が「これからの日本経済を展望する~物流業界の未来」をテーマに講演した。(小菓史和)
【写真=トラック業界が直面する課題の解決に向け理解と協力を求める】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト