物流ニッポン > 福通、ASEANで越境物流 トレーラヘッド 150台体制に増強 通関業など積極展開
物流企業
2017/12/04

福通、ASEANで越境物流 トレーラヘッド 150台体制に増強 通関業など積極展開

t.kokudo
物流ニッポン

 福山通運は国際物流事業の強化に向けた取り組みを加速させる。ASEAN(東南アジア諸国連合)域内でのトラックによるクロスボーダー輸送とともに、フォワーディング、通関業務などを積極展開。中でもクロスボーダー輸送では、トレーラヘッド150台、コンテナ550個(40フィートコンテナ換算)体制に増強することで、旺盛な需要を取り込んでいく。2019年3月期には国際物流事業関連の売上高100億円(18年3月期実績見込み比25%増)達成をめざす。(高木明)
 ASEAN域内のクロスボーダー輸送は現在、マレーシア、タイなど東南アジア4カ国に営業拠点を持つ子会社E・Hウタラ社(EHU)が取り組む。同輸送向けにはトレーラヘッドをマレーシアに100台、タイに16台及び輸送コンテナ464個を配置しており、18年3月末までにタイでヘッドを34台増車、輸送コンテナも総計550個まで増強する。
 EHUは主要ルートであるタイ―マレーシアのクロスボーダー輸送市場で1割超のマーケットシェアを持つ。現地でのクロスボーダー輸送需要は旺盛で、17年4~9月期にはヘッドを25台、コンテナを70個増やした。引き続き、タイ―ラオス―ベトナム(東西回廊)、タイ―カンボジア-ベトナム(南部回廊)などASEAN全域に輸送ルートを拡張していく。
 また、中国及び東南アジアを中心とした海外14拠点、駐在員事務所2カ所の通関業について、国内の20の通関拠点及び八つの保税蔵置場を生かしながら強化する。海外生産拠点から国内顧客までダイレクトに一貫輸送する輸送サービスを強化することで、通関件数の増加を図っていく。
 福通では、本体及びEHUとともに、フォワーディングを手掛ける福山グローバルソリューションズ(岡本泰社長、大阪市中央区)など3社で国際物流事業に取り組む。17年4~9月期の国際事業関連の売上高はクロスボーダー輸送や通関業などが伸び、前年同期比36.9%増の39億6500万円となった。
 福通の岡本泰・執行役員国際部長は「18年3月期の国際事業の売上高は80億円を突破する見込み。引き続き、早期の100億円達成を目指したい」と話す。
【写真=ASEAN域内ではクロスボーダー輸送需要が拡大】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト