物流ニッポン > 沖ト協、離島で初の運管講習 おんが自校と協力
団 体
2017/11/13

沖ト協、離島で初の運管講習 おんが自校と協力

t.kokudo
物流ニッポン

 【沖縄】沖縄県トラック協会(佐次田朗会長)は3~5日、宮古島市で、離島では初となる運行管理者基礎講習を実施した。ドライビングアカデミーONGAのおんが自動車学校(力武浩一社長、福岡県遠賀町)とタイアップ。島内の高校生や事業所の管理者らが試験対策などを学んだ。
 高校生向け運管講習を手掛けている同校が、トラック事業者と高校生の合同研修を企画。講師が運行管理者の心構えや安全確保するために順守すべき基本項目を説明した。
 また、貨物自動車運送事業法、道路運送車両法、道路交通法を踏まえ、過去の試験問題の傾向と対策を解説。安全運転のテクニックや交通マナーなどの実務上の知識にも触れた。
 県内離島の事業者は、運行管理者資格などを取得する場合、沖縄本島にある研修機関で講習や試験を受ける必要があり、航空機代や宿泊、日当で多大なコスト負担を強いられている。
 また、中小零細の個人事業者が多いため、幹部、ドライバーの宿泊出張を補う人員も足りず、沖ト協ではそうした離島会員の研修活動の支援に力を入れていく。(上田慎二)
【写真=管理者や高校生らが試験対策を学ぶ(3日)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト