物流ニッポン > トミーズコーポ、EC業者ニーズに対応 アパレル特化 物流企業ノウハウ生かす
物流企業
2017/11/06

トミーズコーポ、EC業者ニーズに対応 アパレル特化 物流企業ノウハウ生かす

t.kokudo
物流ニッポン

 【大阪】トミーズコーポレーション(富永和樹社長、大阪府泉大津市)は、アパレルに特化したワンストップ物流サービスを提供している。加工、保管、運送といった物流業務だけでなく、オリジナルTシャツの作製やカタログ用の写真撮影、ウェブページ製作など、電子商取引(EC)業者向けの様々なサービスを一手に引き受ける。
 1996年に服飾品の検品・加工会社として設立。既製服へのタグ付けや畳み作業といった一般的な内容からスタートしたが、荷主からの要望により業容が多角化。現在では、カメラマンを雇用してのモデル撮影、物流コンサルティングなど様々なニーズに対応。泉大津市には専門の商品撮影スタジオを持つ。
 企画営業部の松井渉部長(32)は「大手メーカーや個人経営のEC業者など、様々な形態の事業者と取引しているが、近年は特にECの伸びが大きい。アパレル系は特に流行の影響を受けやすく、一つの商品の発送件数が突然5倍以上に膨れ上がるといったことも日常茶飯事。物流事業者も顧客のニーズへの対応力を蓄えることが重要」と話す。
 通信販売にとって重要なカタログの作製支援に特に力を入れている。プロカメラマンによる撮影代行にとどまらず、府内にレンタルスタジオを所有。「アパレル物流会社だからこそできる撮影サービス」を掲げ、モデルのキャスティングから画像のレタッチまで手掛け、プロの目線から「売れる商品画像」を提案する。
 また、顧客の要望でスタートした衣服プリントの経験を生かし、オリジナルTシャツ作製の通信販売サイトも運営する。企業や学校のユニホーム作製をメインに、Tシャツ、ポロシャツ、パーカーなど、アパレル特化企業としてのノウハウを生かして様々な需要に対応している。
 物流面ではヒューマンエラーの根絶を目指し、EC物流に特化したオリジナルの在庫管理システムを開発。ハンディーターミナルには多くの人が日常生活で親しんでいるスマートフォン(スマホ)を利用し、端末コストを抑えると同時に習熟にかかる時間を短縮した。
 納品所や送り状をバーコードスキャンすることで、納品所の入れ間違い、送り状の貼り間違いを防ぐほか、誤スキャンに対する音声警告システムを搭載。通常のハンディーターミナルのような電子音ではなく、録音した人間の声による警告を発することで、より分かりやすく作業ミスの判断ができる。協力会社へ導入したところ好評だったため、10月からは一般販売にも乗り出した。
 松井氏は「EC企業にとって、顧客からのレビューは最も重視すべきものの一つ。誤出荷だけでなく、納品書の入れ忘れやラッピングの違いなど、小さなミスが売り上げに直接、影響を及ぼす。システム面でのミスを防ぐ工夫が重要」と強調する。(蓮尾輝)
【写真=オリジナルの在庫管理システムを開発】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト