物流ニッポン > 大阪ト協、トラックで内輪差実験 園児と高齢者に注意促す
団 体
2017/10/12

大阪ト協、トラックで内輪差実験 園児と高齢者に注意促す

t.kokudo
物流ニッポン

 【大阪】大阪府トラック協会(辻卓史会長)は9月28日、港警察署や大阪市港区などが行った子供と高齢者の交通安全教室に協力し、トラックの内輪差の実験を通して、交通事故防止に向けた注意喚起に努めた。
 地元の保育園児と老人会のメンバーらが参加。園児とお年寄りの代表が「交通ルールを守り、事故防止に努める」と交通安全宣言したのに続き、港支部(藤井武治支部長)会員から派遣された2トン車を使って、カーブの内側に置かれた紙コップがトラックの後輪で踏まれる様子を実演した。
 港署の警察官が「自動車がカーブや交差点を曲がる時、後輪が前輪より内側を通るという特性がある。車に近づき過ぎるのは大変危険」と解説。事故に遭わないよう注意を呼び掛けた。
 会場となった港区のオリックスドライビングスクール弁天町には、府警のマスコットキャラクターも登場。クイズ形式で道路標識や交通ルールを園児と高齢者に分かりやすく説明した。(小菓史和)
【写真=カーブの内側に置かれた紙コップがトラックの後輪で踏まれる様子を実演】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト