物流ニッポン > 新岡山陸運、日野製大型ダンプ導入 軽量化&燃費向上 後輪にXone装着
物流企業
2017/09/14

新岡山陸運、日野製大型ダンプ導入 軽量化&燃費向上 後輪にXone装着

t.kokudo
物流ニッポン

 【岡山】新岡山陸運(木下聖士社長、岡山市中区)は1日、大型ダンプを導入した。日野自動車のフルモデルチェンジ車で、岡山県内では第1号の登録。また、岡山タイヤ販売(藤田信康社長、同区)を通して、県下のダンプでは初めて、リアタイヤをミシュラン製のワイドシングルタイヤ「Xone(エックスワン)」にし、軽量化と燃費向上を図った。
 エックスワンは後輪2軸に装着。これにより最大積載量は9600キロと、このタイプの通常の車両に比べて200キロ多くなる。
 また、安全関連の装備も充実させた。衝突被害軽減ブレーキやドライブレコーダーのほか、バックアイカメラを荷台と車両後方に装着。荷台のバックアイカメラは、荷物の状態を運転席から確認できるため、安全性の確保やドライバーの負担軽減に役立つ。
 更に、荷台にはダブルロックを採り入れたほか、トラック特殊装備メーカーの小平産業(小平武史社長、栃木県小山市)のボディーを採用。アオリにカーブをつけることで強度を確保し、柱を取り払った。
 1日には本社に日野自動車の担当者や岡山タイヤ販売の藤田社長らが集まり、新車を披露。木下社長が自らハンドルを握り、岡山市内を試運転した。木下氏は「燃費などで期待通りの効果が出れば、今後増車していきたい」と話している。(江藤和博)
【写真=アオリにカーブを入れて柱を取り払った新型ダンプ】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト