物流ニッポン > ヨシオ、反射材展示会でPR 事故回避に結び付く
産 業
2017/09/11

ヨシオ、反射材展示会でPR 事故回避に結び付く

t.kokudo
物流ニッポン

 ヨシオ(小泉博史社長、東京都足立区)は5日、反射材エキシビジョン2017(日本反射材普及協会主催)に出展し、多様な反射材をPRした。
 同社は、国内の自社工場で高輝度反射材にこだわった交通安全・防犯製品やノベルティー用品などを製造し、トラック業界や警察関係などで幅広く利用されている。
 会場では、都道府県や団体のイメージキャラクターのオリジナルキーホルダータイプ、自転車のハンドルの両端に付けるタイプ、リストバンドタイプ、靴やカバンに付けるタイプなど様々な反射材を紹介。反射材を散りばめた、よろいかぶとも注目を集めた。
 同社の製品は、日本反射材普及協会のJPマーク認定を受けている。JPマークの反射材は、夜間、車の下向きのヘッドライトに対して57メートル以上離れた場所でも確実に光を光源に向かって反射する。
 夜間、黒っぽい服装の歩行者にドライバーが気付くのは26メートル先、明るい色の服装の歩行者に気付くのは38メートル先とされている。乾いた路面を時速60キロで走行する車両が停車するまで44メートル程度で、その際、反射材が有効になる。
 トラック用品営業部の大宮成浩係長は「反射材を付けることでトラックドライバーは早期に歩行者に気付き、事故の回避に結び付く。JPマーク認定の反射材は事故防止に非常に有効」と話している。(高橋朋宏)
【写真=ブースを訪れて反射材を試す来場者】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト