物流ニッポン > 川崎近海、2航路体制、来年6月から 宮古―室蘭の定期開始 貨物需要の増加を予想
物流企業
2017/09/11

川崎近海、2航路体制、来年6月から 宮古―室蘭の定期開始 貨物需要の増加を予想

t.kokudo
物流ニッポン

 川崎近海汽船は2018年6月22日から、宮古(岩手県)―室蘭(北海道)の定期フェリー航路の営業運航を開始する。新航路は太平洋沿岸地域と北海道をダイレクトに結ぶ新たなアクセスルートになるとともに、八戸(青森県)―苫小牧(北海道)航路の補完機能の役割を果たす。同社では引き続き、本州―北海道の旺盛なモーダルシフト需要を2航路体制で取り込んでいく。(高木明)
 新航路には八戸―苫小牧航路に就航中のフェリー「シルバークィーン」(7千総トン型)を転配し、港間距離325キロを10時間で結ぶ。1日1往復の運航で、ダイヤは宮古発午前8時、室蘭着が午後6時、また、室蘭発午後8時、宮古着は翌日午前6時となる。積載能力はトラック69台(12メートル換算)、乗用車20台、旅客定員600人。航送料金は12メートル未満の大型トラックが6万9700円(税込み)で、1メートル増すごとに5800円加算される。
 現在、東北地方では、復興道路として三陸沿岸道路及び宮古盛岡横断道路の整備が急ピッチで進んでいる。このため、将来的には宮古港から岩手県内や仙台、更に首都圏へのアクセスの大幅な向上が見込まれる。また、宮古港、室蘭港ともに近隣に国立公園など観光資源が豊富で、貨物ともに旅客需要が増加すると予想される。
 トラック業界からは「フェリーに乗船中に継続して8時間の休息を取れるよう、10時間で結ぶ新たな航路開設の要望が強かった」(岡田悦明フェリー部長)という。現在、八戸―苫小牧航路では計4隻による1日2便体制で運航しており、2航路体制になれば、トラック事業者にとって使い勝手が更に良くなる。
 トラック業界では長距離便のドライバー不足が顕在化する中で、海上、鉄道輸送へのモーダルシフトに取り組む企業が目立つ。日本長距離フェリー協会(入谷泰生会長)がまとめた16年度のトラック航送台数は、15年度に比べ5.6%増の122万7025台で、3年ぶりに増加した。17年4~7月実績累計でも前年同期比3.7%増の41万8263台を運び、増送傾向が続いている。
【写真=宮古ー室蘭航路に就航する「シルバークィーン」】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト