物流ニッポン > 大興グループ、本社隣接地に倉庫 トラックから直接積み下ろし
産 業
2017/08/07

大興グループ、本社隣接地に倉庫 トラックから直接積み下ろし

t.kokudo
物流ニッポン

 【青森】大興グループ(岡田大会長、青森県八戸市)が八戸市西白山台の本社営業所に隣接する敷地に建設を進めていた新倉庫が、7月28日に竣工した。
 グループの仕入れ部門を手掛ける大興商事(石川雅清社長、八戸市)が手掛け、3月に着工。敷地面積が4300平方メートル、床面積は1300平方メートル。鉄骨平屋建てで、事務所を併設するほか、トラックからダイレクトに荷物の積み下ろしができるプラットホームも整備した。八戸自動車道・八戸インターチェンジ(IC)に近く、交通の利便性に優れた場所に立地する。
 倉庫はヨコハマタイヤジャパン青森カンパニー(清野貴文社長、青森市)に賃貸し、同社の八戸営業所を八戸市小中野から移転させる。8月中に引っ越しなどの準備を行い、9月から営業を開始する予定。
 大興グループの岡田会長は「我々が企業活動をできるのは、地域住民の皆さまの理解があればこそ。今後も安全に注意し、地域に貢献できるように努めていく」とあいさつ。ヨコハマタイヤジャパン青森カンパニーの清野社長は「現在の八戸営業所が手狭になっていたことに加え、築40年が経過して、耐震構造にも不安があった。立地の良さを生かし、商品の保管や八戸エリア全域の配送に活用していきたい」と述べた。(今松大)
【写真=ヨコハマタイヤジャパン青森カンパニーに賃貸】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト