物流ニッポン > 沖ト協、事故防止教育を実施 指導・監督指針改正受け
団 体
2017/05/18

沖ト協、事故防止教育を実施 指導・監督指針改正受け

t.kokudo
物流ニッポン

 【沖縄】沖縄県トラック協会(佐次田朗会長)では、国土交通省の「運転者に対して行う指導及び監督の指針」の一部を改正する告示が3月12日に施行されたことを受け、4月から、集団研修方式による事故防止教育を実施している。
 ドライビングアカデミーのおんが自動車学校(力武浩一社長、福岡県遠賀町)とタイアップし、初任運転者、一般運転者、指導監督者の各研修を実施する。
 指導・監督指針の改正点を踏まえた1日座学コース(6時間)で、初任運転者の座学(6時間)や、一般運転者に毎年実施しなければならない12の指導項目を盛り込んでいる。
 カリキュラムは、個人カルテの作成、運転の心構え、車両の構造、健康管理。適性検査、安全運行を考えた走行経路設計などで構成。指導・監督者は事故防止研修のノウハウを習得できる。
 2017年度は4回実施し、計400人の参加を見込んでいる。4月18日に開いた第1回研修には、初任運転者や運行管理者ら108人が出席した。(上田慎二)
【写真=一般運転者に毎年実施しなければならない12の指導項目を学ぶ(4月18日)】

無料試読のお申込み

会員登録はこちら

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト