物流ニッポン > 三菱地所/来年完成、ロジクロス習志野を着工 日本リアリストが1棟借り
産 業
2017/05/18

三菱地所/来年完成、ロジクロス習志野を着工 日本リアリストが1棟借り

t.kokudo
物流ニッポン

 三菱地所は15日、マルチテナント(複数企業入居)型物流施設ロジクロス習志野(千葉県習志野市)の建設工事に着手した、と発表した。2018年3月の完成を目指す。施設管理の日本リアリスト(天野純一社長、東京都中央区)が1棟借りする。
 三菱地所の単独開発物流施設としてはロジクロス福岡久山(福岡県久山町)、ロジクロス厚木(神奈川県厚木市)、ロジクロス神戸三田(神戸市北区)に続く第4弾。
 国道357号に至近で、東関東自動車道・谷津船橋インターチェンジ(IC)まで1.6キロ、京葉道路・花輪ICには2.9キロと道路アクセスに恵まれている。JR京葉線・新習志野駅にも近く、労働力を確保しやすい。
 敷地面積1万9300平方メートル、4階建てで、延べ床面積3万9100平方メートル。床荷重1.5トン、梁(はり)下天井有効高5.5メートル以上、柱スパン10メートル以上、全館LED(発光ダイオード)対応で、はん用性の高い仕様が特長。
 最大3区画まで分割でき、各区画に荷物専用エレベーターと垂直搬送機を1基ずつ備えている。非常用発電機も設置し、テナントのBCP(事業継続計画)をサポートする。
 日本リアリストは現在60棟の物流施設を管理し、埼玉・千葉エリアを中心に物流施設のサブリース事業を手掛けている。(吉田英行)
【写真=単独開発物流施設として4棟目(完成予想図)】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト