物流ニッポン > 神戸港カッターレース、上組や森本倉庫が熱戦
物流企業
2017/05/18

神戸港カッターレース、上組や森本倉庫が熱戦

t.kokudo
物流ニッポン

 上組や森本倉庫(森本真弥社長、神戸市中央区)など神戸港を支える物流企業は14日、神戸市主催の神戸港カッターレースに出場し、熱戦を繰り広げた。1979年から続くイベントで、39回目を迎えた今回は神戸開港150周年記念事業の一環として、神戸港で業務を行う官公庁職員チームを招いた特別レースも開催した。
 カッターレースは、カッター(端艇)によりスピードを競う。1チーム8人編成で、6メートルのカッターを使用。男子部門は500メートル(往復)、女子部門が300メートル(直線)、シニア部門も500メートル(往復)、官公庁対抗特別部門が300メートル(直線)でタイムを競った。
 物流企業からは、男子部門に16社・18チーム、女子部門5社・5チーム、シニア部門4社・4チームが出場。男子部門で、ニチレイリーファーズBチーム(ニチレイロジグループ本社)が入賞した。
 開会式で、神戸市みなと総局の吉井真局長が「2016年のコンテナ取扱量は阪神大震災以降、最高を記録した。17年に入っても5%を超えており、皆さんの支援のお陰と感謝している。震災以前も含め過去最高を目指していきたいので、これからも協力をお願いしたい」と呼び掛けた。(落合涼二)
【写真=1チーム8人編成でタイムを競う】

無料試読のお申込み

会員登録はこちら

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト