物流ニッポン > 日本海商事、島根西部の営業所を再編 鳥取東部では新拠点検討
物流企業
2017/05/01

日本海商事、島根西部の営業所を再編 鳥取東部では新拠点検討

t.kokudo
物流ニッポン

 【島根】日本海商事(小平懃社長、島根県隠岐の島町)は2018年末をメドに、山陰エリアの物流体制を強化する。前段階として17年2月27日、浜田営業所(浜田市)を新設するなど、島根県西部の営業所を再編した。今後は、鳥取県東部への拠点新設を検討している。
 浜田営業所は浜田自動車道・浜田インターチェンジに隣接する石央物流団地内の居抜き物件で、3300平方メートルの敷地に床面積860平方メートルの倉庫を備える。
 以前は東隣に位置する江津営業所で、食品の共同配送業務をメインに行っていたが、16年夏から新たな顧客が加わり、手狭になっていた。そのため、江津営業所を閉鎖し、交通アクセスが良く広域配送に適した浜田営業所に業務を移管した。同営業所では現在、トラック16台が稼働している。
 また、同時期に浜田の西隣にある益田出張所(益田市)を営業所に格上げした。浜田との相乗効果を生みながら、対応力を高めている。
 次の展開として、山陰東部の拠点整備を計画中。18年末までに、鳥取県東部での新センター建設を具体化させたい考え。実現すると、主力の安来営業所(安来市)と合わせ、山陰の東・中・西各部で拠点を網羅することとなる。
 阿部洋史専務は「山陰両県に徹底的にこだわった物流企業として、西から東の端まで体制を強化していきたい」と話している。(矢野孝明)
【写真=交通アクセスが良く広域配送に適した浜田営業所】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト