物流ニッポン > 新ト協、Gマーク認定率1位維持 人手確保対策など共有
団 体
2017/01/12

新ト協、Gマーク認定率1位維持 人手確保対策など共有

t.kokudo
物流ニッポン

 【新潟】新潟県トラック協会(小林和男会長)は12月16日、冬季支部事務局長会議を開き、2017年度税制改正要望の見通しや人手確保対策について情報共有を図った。
 浅間博専務が「今朝は降雪となったが、同時に県内事業用トラックによる交通事故の発生情報も入った。雪道の走行ではタイヤチェーン装着、運行管理の見直し、う回路の選択などで、危険を回避して欲しい」と強調。急な大雪により16年1月に発生した、長岡市・国道8号の大渋滞に触れながら注意喚起した。
 11月末に県内で発生した鳥インフルエンザに関わる緊急物資輸送では、12月7日までに4トン車6台、10トン車2台、13トン車4台の計12台の出動を報告。このほか、1月16日の賀詞交歓会や3月に実施する物流セミナーの予定も確認した。
 適正化事業の巡回指導では、16年4~11月に269事業所を訪問。総合評価はA(大変良い)36%(前年度比変わらず)、B(良い)40.5%(6.9ポイント減)、C(普通)17.1%(5.5ポイント増)、D(悪い)2.6%(0.8ポイント減)、E(大変悪い)0.7%(0.3ポイント減)、その他2.9%(2.6ポイント増)だった。
 Gマーク(安全性優良事業所認定)に関しては、16年度に新規で48事業所が取得し、計591事業所。認定率は43.5%で全国1位をキープしている。(渡辺耕太郎)
【写真=鳥インフルエンザに関わる緊急物資輸送について報告】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト