物流ニッポン > ふそう、直系販売店を順次刷新 成田支店が第1号
産 業
2017/01/12

ふそう、直系販売店を順次刷新 成田支店が第1号

t.kokudo
物流ニッポン

 三菱ふそうトラック・バス(マーク・リストセーヤ社長兼CEO=高経営責任者、川崎市幸区)は12月26日、成田支店(千葉県成田市)をリニューアルオープンした。全国の直系販売店を順次刷新するプロジェクトの第1号で、既存の建物を改修し高級感のある内外装にしたほか、新機器を導入して作業を迅速化。アフターサービスの充実により、顧客満足度(CS)向上を図る。(吉田英行)
 外観は、黒を基調にした重厚なデザインに一新。フロントも外観と統一感のある内装となっている。ラウンジ風の待合室は男女別に設け、ソファー、マッサージチェア、テレビなどを置き、来店客がくつろげる空間にした。窓からは整備工程を見ることができる。
 整備ラインには、作業の残り時間をカウントダウンする表示器を設置。「スマートグラス」と呼ばれる特殊な作業用眼鏡も取り入れ、作業の効率化、スピードアップを目指す。
 ふそうでは販売店のリニューアルに向け、2016年4月に部門横断組織を立ち上げ、検討を進めてきた。成田支店をモデルに、20年までに全国の直系194店の3分の1に当たる60店について、既存施設を改修して内外装を統一する。1店舗当たりの投資額は平均5億円。
 同日のオープニングイベントで、三輪為夫副社長は「アフターサービスでユーザーの満足度を高め、新車販売にもつなげたい。高のサービスを提供するため、社員が働きやすい職場にするのも目的」と述べた。
【写真=黒を基調とした高級感のある外観に一新】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト