物流ニッポン > JTDO、プロドラ1級講座開く 最高位獲得に挑戦
団 体
2015/11/16

JTDO、プロドラ1級講座開く 最高位獲得に挑戦

t.kokudo
物流ニッポン

 日本トラックドライバー育成機構(JTDO、酒井誠代表)は7日、トレーニングセンター愛知(愛知県大府市)で、プロドラ1級(ゴールド)認定講座を開講した。
 1級は、ドライバー教育を担当する管理者、ドライバー・コンテストで全国大会出場を目指す人が対象。3日間で「スキル・マインド・マナー&モラル」を身に着け、同機構が位置付ける「荷主から選ばれるプロドライバー」の最高位獲得にチャレンジする。
 酒井代表が「受講者は全員、各社で指導する立場の人たち。カリキュラムでは、社内の問題や課題解決に向けた完璧な手順書作成も一つの目的なので、他社の事例を共有する場としても活用して欲しい」とあいさつ。
 初日の午前はオリエンテーションに続き、座学と実技で車両点検を修得、午後からは倉本健一チーフインストラクターが同乗指導した。最後は管理者として認知すべき法律・知識に基づいて、運航や労務関連対策、事故、トラブル時の判断と対応を学んだ。
 社内でドラコン確立を検討している事業者にも参加を呼び掛けており、酒井氏は「これからの時代、中小事業者が今のトラック輸送レベルを維持していくには、他業種からの人材を受け入れるしかない」と強調。
 その上で、「労働人口に一番多い40代の場合、スキル向上には限界があるので、絶対に事故を起こさないマインドを鍛えることが重要。特に、モラルとマナーは、他社に一番差を付けられるので、十年先のドライバーを育成できるような認定講座としていきたい」と語った。(梅本誠治)
【写真=オリエンテーションに続き、座学と実技で車両点検を修得】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト