物流ニッポン > 大貨協連、与党に要望 大口多頻度50%恒久化
団 体
2015/11/02

大貨協連、与党に要望 大口多頻度50%恒久化

t.kokudo
物流ニッポン

 【大阪】大阪府貨物運送協同組合連合会の中川才助会長は10月23日、自民党大阪府連(中山泰秀会長)と公明党大阪府本部(佐藤茂樹代表)を訪ね、高速道路通行料金割引制度に関する要望書を提出した。
 澤田時雄、重博文の両副会長も出席。自民党大阪府連の稲垣克彦事務局長、公明党大阪府本部の大山明彦副幹事長とそれぞれ面談し、要望書を手渡した。
 日貨協連、大口・多頻度割引制度を利用する傘下20協組と連名で提出。最重点事項として、大口・多頻度割引最大50%の恒久化、首都高速道路における大口・多頻度割引と高速道路会社間の乗り継ぎ割引の継続、本州四国連絡高速道路の割引拡充を挙げた。更に、個別要望事項では、長距離事業者が利用しやすい深夜割引の拡充、平日朝夕割引適用時間帯における大口・多頻度割引の適用、国費などの投入による割引財源確保を求めた。(小菓史和)
【写真=自民党大阪府連の稲垣事務局長に要望書を手渡す中川会長(左から2人目)ら】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト