物流ニッポン > PALTAC、埼玉に物流センター 来月稼働 関東での出荷拡大
産 業
2015/07/16

PALTAC、埼玉に物流センター 来月稼働 関東での出荷拡大

t.kokudo
物流ニッポン

 PALTACは10日、埼玉県白岡市に大型物流センター、RDC関東を開設し、8月から稼働させる、と発表した。関東エリアでの出荷能力拡大、サプライチェーン(供給網)の最適化を図り、化粧品・日用品・一般用医薬品などをフルラインで取り扱う中間流通業者として、「顧客満足の最大化と流通コストの最小化」を目指す。
 既存の群馬、東京、横浜のRDCと連携して出荷地を最適化。トラック便の効率運用などにより、納品リードタイムの短縮、配送の生産性向上を図る。
 RDC関東は、延べ床面積3万8965平方メートルで、東北自動車道と首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が交差するエリアに立地。年間出荷能力は800億円で、投資額115億円。
 施設には、パレット自動倉庫、ケース自動倉庫と連動したピッキング棚への商品自動補充システムなど最新設備を導入した。
 作業量計算、作業指示、生産性管理、配車計画などの物流全体管理は独自システムで実施。2万を超えるアイテムの販売実績と需要予測をデータベース化し、欠品の無い最適なアイテム別在庫日数コントロールを実現する。
 また、個口検品、カテゴリー納品で小売業者の店頭作業を効率化。電子発注システム(EOS)、電子データ交換(EDI)の活用で、小売業との間の受発注業務をよりスムーズに行う。
 自然災害などの有事に備え、3日間の稼働を可能にする非常用自家発電装置も設置。全館に発光ダイオード(LED)照明を採用するなど環境負荷軽減に配慮した。段ボール圧縮機、自動オリコン洗浄機も採り入れた。(高橋朋宏)
【写真=ピッキング棚への商品自動補充システムなど最新設備を導入】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト