物流ニッポン > 気仙沼緑花サービス、入学児童に夢と希望を 四つ葉のクローバー贈呈
物流企業
2015/05/04

気仙沼緑花サービス、入学児童に夢と希望を 四つ葉のクローバー贈呈

t.kokudo
物流ニッポン

 【宮城】子供たちに夢と希望を贈りたい――。花き輸送をメーンに展開する気仙沼緑花サービス(小野寺照人社長、宮城県気仙沼市)は毎年、気仙沼市内の全小学校の新入学児童に「四つ葉のクローバー」のフラワーポットをプレゼントしている。
 荷主である岩手県一関市の花生産者、佐藤修司氏との連携により2012年から贈り続けている。東日本大震災で被災し、殺風景な仮設校舎で学習する子供たちへ「緑の潤いを与えたい」と、佐藤氏と小野寺社長の心が一つに重なった。佐藤氏が栽培する四つ葉のクローバー「しあわせ みぃつけた」をプレゼント用に提供し、気仙沼緑花が配送と配布を引き受けた。
 以来、気仙沼市内全小学校の新入学児童に贈呈。今年も7、8の両日、小泉小学校(工藤吉則校長)など市内全17校を訪問し、約500鉢のクローバーを各校長らに手渡した。
 配送を担当した気仙沼緑花の小野寺敦志専務(37)は「花や植物を育てることを通して、優しい気持ちや感謝する気持ちを育んで欲しい。探究心や創造力を高める一助になれば幸い」と話している。(黒田秀男)
【写真=クローバーポットを小泉小学校の工藤校長に手渡す小野寺専務(左)】

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト